浅野暢晴に関するブログです。
by mongoru901
Asano Nobuharu
以前の記事
2016年 03月
2015年 10月
2015年 08月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2001年 01月
カテゴリ
全体
日々
その他
works

exhibition
未分類
フォロー中のブログ
atelier ROOT...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


川口から蕨へ移動。
目指すは、時代屋さん。
時代屋さんは、茨城大学時代の後輩(といっても、微妙にコースが違ったりするのですが)で、今は、埼玉県の蕨で靴屋さんをやっているのです。
五宝君はとにかく熱い。ナイスガイなんです。
時代屋さん外観。
e0176734_19532693.jpg






お店の中。
e0176734_1955380.jpg

e0176734_19555446.jpg

e0176734_200219.jpg

e0176734_2002863.jpg

e0176734_2015456.jpg

五宝君のところでは、靴を作るワークショップも展開していて、週1回、3ヶ月程度で一足靴を作れるそうです。
ワークショップに来ていた、茨城大美術科の1年生に遭遇したりして。
e0176734_2091650.jpg

勝手に人里離れた場所にあるんだと思っていたのですが、商店街のど真ん中にあるお店でビックリしました。
そして、また驚いたのは、商店街がとても活気があるという事。
川口も活気はありましたが、どこか人工的でつまんない感じが満載だったのですが、こちらは人間がしっかりある感じで、とても良いなと思いました。

最後に、五宝君のHPから五宝君の言葉を引用。

五宝は靴についてこう考えます◎   
  パンプスは、ワークブーツのように修理しながら何年も履ける
  ワークブーツは、パンプスのようにオシャレに履ける
  そんな靴を作っています。

  女の人に 男性的な 「こだわり」を
  男の人に 女性的な 「感性」を  五宝の靴でそっとサポートできれば
  そう思いながら靴を作っています。

 靴をデザインするということ

  五宝にとってクツのデザインをするということは、過去のマスターピース、
  クツの歴史を 自分に落とし込み、自分なりに解釈し好んだものを抽出する
  ということです。
  ですので、付加のデザインではなく、削り取るデザインになります。

 五宝にとって「靴」とは

  「靴」は人と人をつなげる媒体であると思います。
  人→靴→人 ではなく、 人→靴←人だと考えるです。
  靴は、人と人との間にあってはじめて意味を持つそう考えます。
  全ての靴は、人と人とのコミュニケーションをカタチにした「モノ..」とおもいます。

  僕にとって靴を作るといううことは、人と会話するために コトバを学ぶ
  ということに近いのかなと思います。



   五宝 賢太郎 (ゴホウ ケンタロウ )




ちくしょ~格好いいっす。
[PR]
by mongoru901 | 2009-04-14 20:16 |
<< 考えれば分かる 朝霞→吉祥寺→川口 >>