浅野暢晴に関するブログです。
by mongoru901
Asano Nobuharu
以前の記事
2016年 03月
2015年 10月
2015年 08月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2001年 01月
カテゴリ
全体
日々
その他
works

exhibition
未分類
フォロー中のブログ
atelier ROOT...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


静岡横浜銀座日立さらに日立
ここ数日のめまぐるしい日々について。
自分でも把握しきれないほどにバタバタとしていますが、というのも、現在4カ所で展示を行っている状態なのです。
「え?3つでしょ?」と言う方は、僕の事をよく分かって下さっている方ですが、実は4つなのです。

話は前後しますが、まずは、今日始まった個展のことから。
e0176734_23271934.jpg

日立のSPACE369で個展「mask〜面の仕事〜」が始まりました。
シビックセンターで展示をした時に369のオーナーさんに声をかけて頂き「すぐにでもやってくれ」と言われていたのですが、ちょうどグランシップの展示が決まりそうな頃だったので、余裕ができそうな6月に、、、とお願いしていたのですが、この有様です。
相変わらず、全く余裕がないままに展示に突入しました。
e0176734_23332151.jpg

今回は、2010年頃に見た千葉市美術館の「仮面展」に衝撃を受け、作り始めた「面の仕事」だけを集めた個展になっています。
といっても、過去作だけで展示をしている訳ではなく、新作も出品しています。
面について、挑んでみたいな、と考えていた事が二つあり、一つは大面で、二つ目は異素材を取り込んだ面。
どちらも今回の展示でチャレンジし、今後に繋がって行きそうな面を作る事が出来ました。
写真は、金糸を取り込んだ作品で、自分としてはかなり気に入ってます。

space369
mask 〜面の仕事〜
住所:茨城県日立市神峰町1-10-4 東邦ビル3F 〒317-0064)
日程:2013年6月12日(水)~6月29日(土) (月曜・火曜休廊)
    11:00~17:00(日曜・最終日~16:00まで)

二つ目は、静岡の話。
6月1日、2日でグランシップの撮影旅行へ出かけてきました。
今回も友人のカメラマン石田亮介君に撮影をお願いしました。
昼と夜の撮影をお願いしたので、泊まりがけになってしまいましたが、結果的には最高に楽しい旅になったので結果オーライですね。
毎度のことですが、撮影の合間に二人で海へ行きました。
e0176734_23442122.jpg

柏の時も、東海の時も、日立に時も、撮影終わりで、撮影の途中で海へ向かうのです。
e0176734_23472599.jpg

もちろん遊んでいるばかりではなく、撮影もしました。
一日かけてジックリと撮影をしてもらい、つい先頃写真のデータが届きました。
e0176734_23491456.jpg

前にもここで書いたかもしてませんが、石田君に展覧会の写真を撮ってもらう事は、単純に撮影の記録と言う意味を越えて、今回の展示にどういう意味があったのか、と言う事を振り返る意味でも重要な一枚を僕にもたらしてくれるのです。
今回は自分にとっても、石田君にとってもかなり強行な旅になってしまいましたが、やはり無理をしてでもお願いして良かったな、という写真が届きました。

グランシップの展示については、つい先日、重要なお知らせを頂いたので、発表出来るようになったら、ブログやSNSを通じてお知らせしたいと思います。

静岡の帰り道は、横浜へ寄って、吉田町画廊へ「さすらいの立体展」の搬入へ。
e0176734_2354698.jpg

吉田町画廊さんへは行くのも初めてでしたが、369の搬入もあったので結局展示の様子は自分の目で見る事が出来ませんでした。
見に行ってくれた相川さんや葛迫君から作品の写真をもらいましたが、入り口近くに展示してもらい、「作品も気持ち良さそうでした」と相川さんが言っていました。
e0176734_23562768.jpg

現在は、銀座のゆう画廊さんに作品は移っています。
15日の最終日には足を運べそうなので、こちらではどんな顔をして展示されているのか、楽しみです。

と、いうわけで、日立、銀座、静岡と3カ所で展示を行っています。
え?最初に4カ所って言ってたのは何?というのは、今日の今日まで3カ所のはずだったのですが、さっき4カ所になったのです。

さかのぼる事去年の10月、シビックセンターで展示をした時に、展示を見に来てくれた方々がいらっしゃいました。
その縁で、日立の「三春」と言う場所にDMを置かせて頂ける事になったのですが、ついでに作品も置かせて頂ける、ということになり。
今日初めて「三春」にお邪魔したのですが、本当に素敵な場所で。
しかも、そこの2階では「オキーフと三春」という和の空間にカフェ的な空間がひろがっていました。
詳しくはこちらを → オキーフと三春
一瞬で場所が気に入ってしまった僕は、思わず持ってきた作品をそこら中に置きまくってしまいました。
e0176734_07356.jpg

e0176734_071521.jpg

そして、展示の題名までついてしまいました。
「三春の祝祭」
e0176734_083940.jpg

ということで、これが4つ目の展示。

今日DMを配っている時に「そんな展示をやって売れっ子だね」なんて言われましたが、そんな事はなく、たまたま展示が被ってしまっているだけなのです。
この台風の様な6月が過ぎればビックリするほど静かな日々が戻ってくるはずですから。
そうしたら、もう少し腰を落ち着けて制作を展開出来そうな気がします。

ふう。
[PR]
by mongoru901 | 2013-06-13 00:11 | exhibition
<< 最初の週末、最後の週末 さすらいの立体展 >>