浅野暢晴に関するブログです。
by mongoru901
Asano Nobuharu
以前の記事
2016年 03月
2015年 10月
2015年 08月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2001年 01月
カテゴリ
全体
日々
その他
works

exhibition
未分類
フォロー中のブログ
atelier ROOT...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


無何有の祭りー放射する身体ー
とうとう最後に辿り着きました。
最後の作品は、今回の展示で一番新しい作品「放射する身体」です。
e0176734_22194570.jpg

この作品は展覧会が始まる前日に本殿で祝詞を上げてもらい、神様に見て頂いた作品です。
e0176734_22201231.jpg

「はじまりの男」が「交感する身体」に成り「面の為の人の為の面」を経て、この作品に至りました。
e0176734_2220506.jpg

e0176734_22202449.jpg

今のところ、この作品が暫定的な結論、という感じです。

ということで、「無何有の祭り」展示作品の紹介、終了です。

あ、一つ作品を忘れていました。
e0176734_2256147.jpg

これは「mask」という作品です。
本殿へ無何有途中の暗い廊下にヒッソリとかけてありました。

これで展示されていた作品は全てです。

この無何有の祭りに至るまで、正直胃の痛い日々を過ごしました。
「神社」という場所で、しかも自分にとって個人的にとても大事な「常陸國總社宮」という場所で展示をすることは、とても重要なプロジェクトでした。
だからこそ、石崎君に声をかけてもらってから3年もの期間が必要だったのです。
總社宮で展示をしても遜色の無い作品が出来るまでは難しいと思っていたので。
グランシップの展示を終えた時、あぁ、これでやっとこの「交感する身体」という作品を持っていけば展示が成り立つな、と思いました。
その後は展示の計画がスルスルと進んでいきました。

誰かに見せたい、とするならば、一番は自分が見たい、ということだったんだと思います。
あの場所に置かれた作品を見て、成り立つのか、ということが。
そして、やはり神様に作品を見せたい、と思ったんだと思います。
なので、正直ここまで大きな反響があるとは思っていませんでした。
自分としては、とにかく「あの場所に置く」ということが重要だったので。

そして、多くのことを知る事が出来ました。
言葉にするのは正直難しい。
でも、きっと言葉にならない「ああ、そういうことか」という実感が作品に反映されていく気がします。
そして、作品に現れた後に言葉に変化して行くのではないか、と思います。

そういう意味でも、本当に重要な、ただの展示ではない、僕の作家人生の中でもランドマークになる様な展示になりました。

この展示を実現させてくれた、石崎君をはじめとする常陸國總社宮の皆さんに感謝したいと思います。
e0176734_23281030.jpg

[PR]
by mongoru901 | 2014-04-28 23:30 | exhibition
<< M SCULPTURE 2014 無何有の祭りー蠢くー >>