浅野暢晴に関するブログです。
by mongoru901
Asano Nobuharu
以前の記事
2016年 03月
2015年 10月
2015年 08月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2001年 01月
カテゴリ
全体
日々
その他
works

exhibition
未分類
フォロー中のブログ
atelier ROOT...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:未分類( 18 )
作品の大きさの話 村上春樹で言えば
阿吽の呼吸、今日明日はぎゃらりーマドベはお休みです、お気をつけ下さい。

今回の展示をしていてもそうなんですが、作品の大きさについて聞かれたり、提案を受けたりします。
例えば、もっと小さな作品は作らないんですか?(これが一番多い、というかほとんどこれです)とか、もっと大きな作品は作らないんですか?(これはめったにない)とか。

正直自分は小さい作品を作るのは、あまり得意ではなくて、少し大きめの作品を作る方が楽だったりしますが、それを説明するのが案外難しくて。
恐らく、彫刻を作った経験のある人がほとんどいない、というのが理由だと思うのですが。

彫刻で話しても中々伝わりにくい、と思うので、小説にたとえてみようと思います。
といってもマトモに読んでいる小説が村上春樹くらいなので、春樹でたとえてみます。

彫刻で基準になるのが、頭身と言って、人の大きさを基準とした大きさだと思うのですが、小説だと単行本一冊、と考えていいんじゃないか、と。
春樹で言うところの「羊をめぐる冒険」とか「スプートニクの恋人」とか最近だと「色彩を持たない…」とか。

作るのは大変だけど、伝えたい内容がキチンと収められる位の大きさ。
無何有の祭りで言うところのこれ位。
e0176734_10475485.jpg


頭身より少し大きくなってくると、少し大変になってくる。
作る時間もかかるし、物理的にも精神的にも消耗する。
これ位だと「ダンスダンスダンス」とか「ノルウェイの森」位の分量かな,
e0176734_10475465.jpg

ここまで行くと、「ネジ巻き鳥…」とか「1Q84」とか位の消耗度。でも、言いたい事は十分に語り尽くせると思います。
e0176734_10475886.jpg


逆に頭身より小さくなっていくと、お話が短くなっていく。
阿吽の呼吸のDMにも使ったこれ位だと「風の歌を聴け」とか「1974年のピンボール」とか。
それ一つで短いながらに完結している。
e0176734_10475663.jpg

逆にこういう小さいのが寄せ集まって出来た作品は、「蛍、納屋を焼く」「TVピープル」みたいな短編集で、
e0176734_10475766.jpg

ここまで小さくなってくると、「村上朝日堂」のシリーズみたいな感じだと思うのです。
e0176734_10475722.jpg


僕も小さい作品は作るんですが、短編だけで出すって事が出来なくて、ある程度、短編集としてまとまってから、出版するみたいな形が好きなんだと思います。
短い文で短歌や俳句みたいにビシッと完結させる方が得意な人もいるんだと思うのですが、僕は、それだと少し書き足りない、というか、消化不良というか、逆に短くまとめるのにも独自のテクニックが必要なんだと思います。

僕が一番作りやすくて手に馴染むのは、「風の歌を聴け」位の大きさで、様々なアイデアを試したり、自分の込めたい内容が収まりやすい。
でも、少しそれを越えた物語を紡ぎたい、と思った時には、単行本一冊や、何冊もかけて描いてみたりするのですが、発表するにも、読んでもらうにも、努力が必要なので、なかなか大変なのですが、短いところに多くの内容を詰め込んでいくよりは楽だったりします、僕的には。

長めの物語の中から一エピソードを取り出して、味付けをして、短い短編に仕上げる、みたいなお洒落な真似が出来れば、もっと楽に小さな作品が書ける気がするのですが、そこのテクニックは研鑽を積んでる状態で、つい、やりやすい長さの作品を書いてしまうんですよね。

でも、長い作品を読むのはちょっと、、、という方の為に、そういうテクニックを身につけていくのも大事なのかな、と思い始めたわけです。(それキッカケで僕の長々とした文章を読んでくれるかもしれないわけで)

というわけで、自分の作品と村上春樹の作品を重ねるという非常におこがましい行為をしつつ、小説の話をしてるんだか、彫刻の話をしてるんだか、訳が分からない文章になってしまったのですが、彫刻における大きさ、の感覚を少し掴んで頂けたかな?と思います。

というか、そういう隠れ蓑をもって、小さい作品が作れない壮大な言い訳ですね、これは。
さて、頑張ろう、頑張ります。
[PR]
by mongoru901 | 2014-11-17 09:29
ダブルフェイス
昨日の昼に水戸市立博物館より着信が。
水戸市立博物館といえば、約10年前にやったグループ展「彫刻化する空間」で展示をし、出品した「ダブルフェイス」をそのまま設置してある場所です。
e0176734_2057933.jpg

彫刻化する空間

前から作品の様子を見に行かねば、と思いつつも目の前の展示やら何やらに追われて足を運べずにいたので「いい加減何もしに来ないなら、持って帰ってくれ!」って、言われるんじゃ!「て、いうか、なんで顔が二つくっついてんの?」と根本的な質問をされるんじゃ!とビクつきながら電話をしたところ、
簡単に言うと、
「作品がぶっ壊れたんですが、どうしましょう?」
という電話でした。
なにやら来館した方が間違えて倒してしまい、バッコリと割れてしまったらしいのです。
作品が壊れる事に関しては、ちょっとした経験が幾つもあるので(長くなるのでここでは割愛します)こちらとしては「直しますよー!」って感じなんですが、逆に博物館の方は「(作品壊れたって電話してるのに、全然余裕だ、、、)」って雰囲気を受話器の向こう側から感じました。
まぁ、作品壊れる事に関してはちょっとしたもんですから、俺を切れさせたら大したもんですよ。

と、いう事で、急遽博物館へ向かったところ、綺麗にパッコリと二つに割れていて、「ダブルフェイス破片」って書かれた段ボール箱が隣に。
思いの外綺麗に割れてくれたので、これなら直せそう!ってニコニコしてると、「(この人、作品壊れてるのにニコニコしてる、、、マゾ、、、?)」って表情で僕を見ています。(妄想の類い)

作品を車に運び、今後の相談をしていると、博物館の方から提案が。
今までは、展示の流れでなんとなく置いておいた作品ですが、正式に「委託」という形で置いてもらってはどうか?というお話でした。
こっちとしては、ついでに持ち帰れ!と言われるんじゃ、とビクついてた位なので、是非!と即決させて頂きました。

ということで、ダブルフェイス、正式にパプリックコレクションとなりました。
考えてみれば、ダブルフェイスのマケットって、初めて作品を天井からぶら下げた作品で、穴の空いた姿といい、今の展示に繋がる作品なんですよね。
e0176734_20571246.jpg


それがこのタイミングで、痛みを伴いつつも、正式なコレクションになった事は、ちょっとばかり運命を感じてしまいます。

残念なキッカケではありますが、ダブルフェイスに新たな展開を与える事が出来ました。
正式な形になったので、表示とかもキチンとした形にしてもらえるみたいです。
今までは曖昧な状態で置いていたから、そうしたくても出来なかったみたいです。
災い転じて福となす、という典型ですね。
e0176734_20571548.jpg

作品も早く直せー!って叫んでる様なので、今年中にはどうにかして、元の場所に戻してやろうか、と。
さて、直しますか!
[PR]
by mongoru901 | 2014-11-15 20:29
M SCULPTURE展、半分を過ぎました
e0176734_1922227.jpg

ギャラリーSOLさんでのグループ展「M SCULPTURE」展が半分を過ぎました。
なぜかは分かりませんが、今日ギャラリーに向かう時に不思議と初めて銀座のグループ展に参加した時の様にドキドキしてしまった。
なんでだろう、SOLさんでやらせてもらうのも、もう五回目なのになぁ。
初めてSOLさんでやらせてもらった時は2012年の三次元→二次元展で、それまで銀座で展示をしたことがなかったからか、彫刻だけではなく映像作品まで持って行ったりしてしまうほど、気合いが空回ってた気が。
思い出すと、少し恥ずかしい。

ここ二回のSOLさんでのグループ展は、展示させてもらったものの、搬入搬出にすら足を運べないこともあったりの体たらくで、今回はゆっくりとギャラリーにいる事が出来たから良かった。逆に、それでドキドキしたのかもしれない。

お客さんが来ない時は、凪って程にお客さんが来ないので、ジックリと自分の作品と向き合う時間が出来て、それはそれで良い時間だな、と。
でも、目に付くのは、作品のアラだったりするのだけど。

今回の作品は、今までの展示より見に来てくれる方の足の止まる回数が多いな、と思います。
やはり、金糸銀糸を組み合わせた事が大きい。
今回は糸を使った作品ばかりで構成したけど、糸を使わない作品も展示すると金糸銀糸が更に際立ったかもしれないな、などと。
やはりどんなに忙しくとも、展示場所に足を運ぶことは重要だな、と再確認した一日でした。

久々に人疲れしたぁ〜
[PR]
by mongoru901 | 2014-05-24 16:25
無何有の祭りー面の為の人の為の面ー
「交感する身体」に続いて、もう一つのメインの展示である「面の為の人の為の面」についてです。
e0176734_1911760.jpg

この作品は總社宮の神楽殿に吊るして展示しました。
もともとこの作品は、日立のspace369で展示をした作品が始まり。
MASK展
その時は、面だけでの展示だったのですが、面に体を付けてあげたいと思い、春日会に出品した作品では今の形になりました。
春日会2013
その時も「作品本体は良いけど、あの枠は、、、」って意見を多数頂いていたし、自分でも不完全だなと感じていたので、今回の様な形は理想に近い展示が実現出来たな、と思います。
e0176734_2047152.jpg

中央の大面も最初は金糸も付けずに展示をしていたのですが、金糸を付け、体をつけてとして行くうちに完全体に近づいていったな、と思います。
何度も同じ作品を展示するにしても、その度ごとに展示のやり方を変えた成果がでたなと思います。
e0176734_2052996.jpg

e0176734_20502595.jpg

左右の面は、作品に初めて金糸を使った作品なので、自分にとっては完全に転機となった作品です。
これらも最初は面だけだったですが、春日会の展示に合わせて体を作りました。
なので彼は「面の為の人」なので、その彼の為の面なので「面の為の人の為の面」なのです。
e0176734_205338100.jpg

この作品は裏から見ても面白かったです。
これは想定外だったけど、展示をして見えてくるものもあるな、と思います。
影とかも良い感じだったし。
e0176734_20575862.jpg

作品は風にゆらゆらと揺られているんだけど、夕方になると作品に西日が当たって、金糸がキラキラと光って綺麗でした。
e0176734_20581638.jpg

野外での展示は外界の影響を大きく受けるから、環境の変化で作品の見え方がガラリと変わるのが面白かったです。
e0176734_211194.jpg

ここにも何度も掲載してるけど、やっぱりこの写真が一番好き。
e0176734_2113036.jpg

今回の展示を象徴するような写真だと思う。

展示を見に来てくれる方は大きく「面の為の人の為の面」と「交感する身体」のどっちかが良いと言う人に分かれる気がします。
昔から作品を見てくれている方は「交感する身体」、最近作品を見てくれた方は「面の為の、、」の方を良いと言ってくれる気が。
かなり大雑把な分け方だけど、そんな気がします。
e0176734_2171180.jpg

自分の作品に変化を望まない方もいるのかもしれないけど、変わって行かざる負えないな、と思います。
[PR]
by mongoru901 | 2014-04-19 21:11
無何有の祭り、半分を過ぎました
常陸國總社宮で行われている無何有の祭り展、三回の週末を経て、残すところあと二週、週末はあと一回となりました。
茨城新聞さんや常陽リビングさんに記事を載せてもらった事もあり、想像していたより多くの方に足を運んで頂いております。
こちらが茨城新聞さんの記事です。
e0176734_23212360.jpg

こちらが常陽リビングさんの記事です。
e0176734_23212899.jpg


Web社会などと言われて久しいですが、紙媒体の影響力の大きさに驚いています。
今まで全く気にかけてもらえなかった場所から「記事見たよ〜!」なんて言われたり、会場に居ると「これはあんたかい?」と新聞の切り抜きを持って現れる方もいたりもしました。
恐るべし紙媒体の力!

そして、会期始まってすぐに、友人でカメラマンの石田亮介君に撮影をしてもらいました。
まだ会期中なので、アップは一部にしておきますが、今回も本当に良い写真を撮ってくれました。
石田君に写真を撮ってもらうと、それだけで満足してしまうのですが、あと二週間ありますので、気を引き締めていかなければ、と思います。
これからどんなミラクルが、はたまたハプニングが起きるか分かりませんからね。
それでは、展示のネタバレにならない程度に写真をアップしたいと思います。
e0176734_23212479.jpg

e0176734_23212537.jpg

e0176734_23212555.jpg

e0176734_23212695.jpg

e0176734_23212726.jpg

すでに多くの方に足を運んで頂いているのですが、總社宮、という場所の力もあるとは思うのですが驚くほど好評です。
シンプルに、良かった、と言ってくれる方が多く、神社という場所にチャレンジして良かったな、と思います。
あと二週間となりましたが、まだ行っていない、という方は是非足を運んで頂けたら、と思います。
總社宮、という場所だけでも本当に気持ちの良い場所なので、是非。
[PR]
by mongoru901 | 2014-03-30 22:52
パパのさくひんをみにいく、のまき
きょうは、そうしゃぐうというところにパパのさくひんをみにいきました。
e0176734_21464297.jpg

さいしょにペコリと、てをパーンをしました。
e0176734_2146389.jpg

しろいおししがありました。
e0176734_21463913.jpg

パパのさくひんがならんでました。
e0176734_21464216.jpg

いっぱいならんでました。
e0176734_21464054.jpg

まえにみた、こわいおめんもぶらさがってました。
e0176734_21464317.jpg

こわかったです。
e0176734_21464187.jpg

でも、パパのさくひんはまえよりこわくなかったです。
e0176734_2146419.jpg

ぺこりと、てをパーンとしたのがたのしかったです。
またおまつりのときにいきたいです。
[PR]
by mongoru901 | 2014-03-15 21:30
「交感する身体」グランシップショーウィンドウ展示
「グランシップアートコンペ2013」に入賞し、グランシップのショーウィンドウで展示を行いました。
c0366011_21155374.jpg
全長14mのショーウィンドウに22体の彫刻を設置しました。
c0366011_21170264.jpg
自然と交感し、自然の中へ消えていく人体、また自然の中から現れる身体を表現しました。
c0366011_21171228.jpg
2本足ではなく3本足としたのは、2本足の生き物(人間)と4本足の生き物(動物)の間に立つ存在として、現わしたかったからです。
c0366011_21172437.jpg
普段はショーウィンドウ内でしか展示は行わないのですが、グランシップの方に無理を言って屋外にも作品を設置させていただきました。
c0366011_21232550.jpg
c0366011_21241837.jpg
c0366011_21244363.jpg
グランシップ館内にも作品を設置しました。
c0366011_21251069.jpg
夜間はライトアップされて、まるで違う展示のようです。
c0366011_21254818.jpg
c0366011_21260040.jpg
c0366011_21260904.jpg
c0366011_21264348.jpg
3ヶ月の展示でショーウィンドウ展示は終了したのですが、またまたグランシップの方に無理を言ってショーウィンドウの展示を屋外に移させて頂きました。
c0366011_21323495.jpg
c0366011_21330897.jpg
c0366011_21325222.jpg
c0366011_21322096.jpg
c0366011_21324345.jpg
夏から冬までの6ヶ月間、屋外展示を行いました。
準備期間の短い中での展示でしたが、「やりきった」と思える展示だったと思います。

[PR]
by mongoru901 | 2013-12-31 00:00
ギャラリーにて
今日はギャラリーにて作品の撮影をお願いしました。
e0176734_20261141.jpg

今回お願いしたのは、残間奈津子さんです。
残間さんの写真は本当に素敵で、前から一度お願い出来たら、と思っていたのですが、今回の展示をした時に外からの光がとても綺麗だったので、残間さんに頼んでみたいな、と思ったのです。
この写真達を見れば、納得してもらえるかな。
http://spacecadet.jp/zanma_list.html
e0176734_20261211.jpg

とにかく残間さんの自由に撮ってもらえたら、と思っていたのですが、楽しんで撮ってもらえた様で、とても良かったです。

そして、今日はやっとこ一日在廊する事が出来ました。
撮影が終わってから一時間程は誰も人が現れず、「あぁ、せっかく居るのにこのまま誰も来ないで終わってしまうのだな、死のう」と切望的な気持ちにもなったのですが、来るとなれば、今度は対応しきれない程にドンドンやって来るから不思議なものです。
みんな、小分けにして来て下さい。

やはり作品を前に色々と話が聞けるのはよいものです。
今度在廊出来るのは、最終日29日になります。
そして、会期もあと4日!(早い!)
一人でも多くの方に足を運んで頂けたら、と思います。
[PR]
by mongoru901 | 2013-06-23 20:15
ショーウィンドウから飛び出せ!
グランシップショーウィンドウ展示の撤去をしに静岡へ。
撤去日前日の夜に静岡に着き、まずは3階展示の撤去を。
e0176734_1384845.jpg

撤去後、ライトアップされたショーウィンドウを見るのは最後なんだな、と思ったら、思いがけず感傷的に。
e0176734_1384996.jpg

今回の撤去は、撤去とは言っても野外に作品を移すので、展示の様な心持ちだったのですがね。

翌日、作品をショーウィンドウから出してあげると、なんだか作品が気持ち良さそうでした。
e0176734_1384915.jpg

このアートコンペは「ショーウィンドウを飾る」というのがお題目なので、外に出した方がよく見える、というのは問題なのかもしれないのですが、外に並んだ作品は「ふぅ」と息を吐いているようで。
「お疲れさん、また暫くよろしく」と声をかけたくなりました。
e0176734_1385070.jpg

今回の野外展示は12月末までの予定なのでさらに6ヶ月の長丁場なので、頑張ってもらわないと、という感じです。
これから、夏、秋、冬と季節を越えて、他のショーウィンドウ作品とコラボレーションしながら展示されることになるので、楽しみだな、と。
e0176734_1385185.jpg


「雪が降るのが楽しみだな」なんて話していたら、静岡ではほとんど雪が降らないらしい。
雪を被った姿とか、少し見てみたかったんだけどなぁ。
そして、今回も相川さんが展示替えを手伝ってくれました。ありがたいです。
e0176734_1385261.jpg

この数ヶ月何度も静岡に行くことになり、静岡は本当に良いとこだな、って思ってます。
人も良いし、料理も美味いし、なにより僕の作品を置いてくれる(笑)
12月まで延長したので、是非静岡まで足を運んでみて下さい(・ω・)ノ
e0176734_1385266.jpg

[PR]
by mongoru901 | 2013-06-19 13:47
最初の週末、最後の週末
明日からの週末は、日立の個展にとっては最初の週末であり、静岡とさすらい展にとっては最後の週末です。
静岡の展示は、始まるまではとにかく濃密すぎる位濃密だっただけに、終わるという実感がありません。
三ヶ月も展示していたはずなのに、不思議な感覚が。
さすらい展は、横浜の方には行けなかったのですが、なんとか銀座には足を運べそうです。
個展は最初の週末なのに、日立には足を運べなそうで、来てくれる方々には本当に申し訳ない限りです。

二年前の2011年は、別にそうしようとしたわけではありませんが、一回も発表する機会がなかった。
制作は続けていたのですが、なんだか薄っすらとこのまま発表しないまま終わっていくんじゃないか、と思ったりした時もありました。
それが、二年後の今は同時に四つの場所で展示しているわけで。
不思議としか言いようがありません。

しかし、そんな奇跡の瞬間も四日間で終了です。
今度はパタパタと蓋が閉まっていく様に搬出の日々が始まります。

パタパタ

夏は、久しぶりにジックリ籠って作る時間にしたいな、と思います。
色々と思いつきながらも、形にしていないモノが沢山あるので。

その為にも、一度キッチリ蓋を閉じて回らないといけない。
明日からは、そんな日々の始まりです。

明日は、水戸でグランシップショーウィンドウの搬出準備をした後、銀座へ向かいます。
最後の数時間だけですが、在廊予定です。
お時間のある方は、ゆう画廊までよろしくお願いします。

パタパタ
[PR]
by mongoru901 | 2013-06-14 22:03