浅野暢晴に関するブログです。
by mongoru901
Asano Nobuharu
以前の記事
2016年 03月
2015年 10月
2015年 08月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2001年 01月
カテゴリ
全体
日々
その他
works

exhibition
未分類
フォロー中のブログ
atelier ROOT...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧
一つの試みとして

[PR]
by mongoru901 | 2011-12-24 23:30 | works
窯焚き
久々にアトリエの窯を焚いた。

というか、今年の一月に窯が来て二回目の窯焚き。
本当は三月の末に焼く予定だったのだが、あの地震で予定が狂ってしまったのだ。
アトリエはめちゃめちゃだったので、新しく買った窯もダメだろう、と思ったが無事だった。
でも、窯の足下にハンガーが二つ引っかかっていたから、窯もあの揺れでジャンプしたらしい。
思わず「お前、よく無事だったなぁ」と語りかけてしまった。

その後も作品は作り続けたが、窯を焚くのは躊躇われた。
火をいれている最中にまたあの揺れが来たら、と考えると恐ろしかったからだ。

今回は、一月に展示があるので、やはり地震の恐怖もあったが、えいや!と窯に火を入れた。
そもそもジャンプした窯は無事だったのかも確認していなかったのだ。

昼に窯づめし電源を入れると、無事に温度は上がっていき、明け方に、窯は静かに1250度に達した。
e0176734_23443277.jpg


あの地震で、作品になる前の乾いた土達の一部は、棚から落ち、物に押しつぶされて、達する事が出来なかった。
幸運にも形を失わなかった一部の土達が、九ヶ月遅れで1250度の世界を通り抜けて形を得たのだ。

e0176734_23443573.jpg


窯の上にある時計は、ちょうど地震が起きた時間に止まったまま動いていない。
きっと、電池を差し直せば動き出すんだと思うのだけれど、なぜかそう出来ない。
直すキッカケを失ってしまったのだ。

でも、窯を焚いて、あの日に止まってしまった時間が動き始めた気がする。

チクチクチク(ピタリ)....チクチクチク

また来週も窯を焚こう。
時計の電池を差し直そう。

e0176734_23443523.jpg

[PR]
by mongoru901 | 2011-12-19 08:07 | works