浅野暢晴に関するブログです。
by mongoru901
Asano Nobuharu
以前の記事
2018年 07月
2016年 03月
2015年 10月
2015年 08月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2001年 01月
カテゴリ
全体
日々
その他
works

exhibition
未分類
フォロー中のブログ
atelier ROOT...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


地震
昨日までの件は、アトリエのブログに→ 「地震」

今日は、自宅に戻り、アトリエへ自転車で向かいました。
車のガソリンが残り少なかったので、自転車にしたのですが、これが正解でした。
町へでると車の列、その先にはガソリンスタンド。
車で出かけて給油しようなんて考えていたら、あの列に並ばなくちゃならなかったわけで。
それで一日が終わってしまったかもしれない。

自転車で走ると、車で走るより町の風景がよく見えて来る
一見いつも通りの町並み。
でも、よく見てみると、あっちで塀が倒れ、道が陥没してたり。
e0176734_20421783.jpg

e0176734_214380.jpg


傾いている家もあった。
e0176734_2032402.jpg


アトリエに着く。
e0176734_20384838.jpg

昨日見たアトリエの状況はそのままだが、少し見慣れてきたせいか、衝撃は少ない。
e0176734_21112831.jpg

積み重なった物の中から、とりあえず作品を救出。
e0176734_20353319.jpg

粉々に砕け散った作品もあれば、ガッツリ物がぶち当たっているのに耐えている作品もいる。
e0176734_20351898.jpg

思わず「よく耐えたね、お前w」と笑ってしまった。
最近作って、棚に並べて乾燥してあった作品はものの見事に棚から落ちていた。
でも、どうにか耐えて、割れなかった作品もある。
e0176734_20351219.jpg

割れなかった作品には何やら運命みたいなもんを感じたりして。
e0176734_21122262.jpg



一人で必死で作業していたら、葛迫君がアトリエへ。
こんな日にアトリエにくるのは自分の様な物好きだけだろうと思っていたので、正直かなり嬉しかった。
二人で、地震の後の事などを話しながら、作業。
とにかく黙々と身体を動かす。
家でジッとしているより、作業をしたり、自転車を運転している方が良い。
身体を動かして行くうちに考えがドンドン前向きになって行く、が、そんな中も余震が続く。
その度に、お互い少し緊張する。

作業は五時に終了。
2階はかなり綺麗になった。
e0176734_20354529.jpg


さて、帰ろうか、って時計を見上げたら、まだ3時前。
ああ、止まっちゃったんだ、、、と次の瞬間、心臓がドキッとなったのが自分でも分かった。

「まさにその時間」
e0176734_20355375.jpg


明日から仕事もあるし、アトリエの一階も物で溢れているので、頑張らねば。

早く立て直して、来週末には制作するんや。
[PR]
by mongoru901 | 2011-03-13 21:14 | 日々
<< 日常を回復する 電話 >>