浅野暢晴に関するブログです。
by mongoru901
Asano Nobuharu
以前の記事
2018年 07月
2016年 03月
2015年 10月
2015年 08月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2001年 01月
カテゴリ
全体
日々
その他
works

exhibition
未分類
フォロー中のブログ
atelier ROOT...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


誕生日なんてどうでもいい
基本、自分は「誕生日なんてどうでもいい」という人間で。
というか、「誕生日を祝う」っていうことの何だか気恥ずかしい感じに耐えられないというか。

しかし、うちのアトリエの某女子は、とてもそういう事を大事にする人で。
アトリエを立ち上げた頃からメンバーの「誕生会」は欠かしたことはなく。
自分はどうにもひねくれた性格なもので、誕生会に出ながらも「でも、誕生会なんてどうでもいいよね。あはは。」なんて言って、メンバーからの白い目を受けるのも恒例の事で。

新しいメンバーが入って来ても「誕生会」の風習は廃れる事はなく、アトリエを準メンバーになったはずの某女子が今も「パーティー係」としてアトリエに残り、誰かが誕生日の度に企画をしてくれる。
アトリエに入るとこの風習を受け入れてもらわなくてはならず、こういうの嫌だったら可哀想だな、なんて思うのだけれど、なんだか嫌そうな人は少なく、というか、嫌そうなのは僕だけだったりして。

未だに誕生日を祝われるって事に慣れてはいない、というか、レストランで知らない人もいっぱいいる中で電気がパッと消えて「ハッピーバースデェー!」なんてやられた日には、もう死にたくなると思う。
逆バンジーかそれか選べ、と言われたら迷わず逆バンジーを選ぶ。

でも、何年も何年もメンバーや自分の誕生会を続けていく中で、そういう事の意味みたいなもんが少しずつ分かって来た気もするような。
アトリエは、確実に誕生会を通じて、あるまとまりみたいなものを手に入れた気がするし。

きっと「人を祝う」という事は重要なことなんだな、と。

というわけで、現実世界やら、メールやら、ツイッターやらで誕生日を祝ってくれた皆さん、本当にありがとうございます。

今日は、唐突に海に行きたくなり、海へ。
今回の震災で大きな被害のあった大洗の海。
そこかしこに震災の傷跡を残してはいるものの、海自体はかわらず海のままで。
e0176734_22312183.jpg

砂浜はなんだかいつも無い様な大きな石がゴロゴロしていて、どこかやはり異様でもあり。
e0176734_22313666.jpg


アトリエに戻って制作をして、あの日以降に初めて彫刻を作った。
e0176734_22314028.jpg

新しい日々の為の新しい制作。
でも、前の日々から繋がる制作であるって事がいいな、と。
今日見た海の様に変わらないものであるようで、何かが変わっている様な制作でありたいな、と。

3月は本当に色々な事があって、色々な事を考えて、まだ何も終息はしていないのだけど、3月31日が誕生日であることで、なんだか自分の中では一つ区切りを付けることが出来た。
今日が誕生日である事が初めてありがたいな、と思ったりした。

まぁ、基本的には誕生日なんてどうでもいいと思ってる人間なんですけどね。
[PR]
by mongoru901 | 2011-03-31 22:39 | 日々
<< かまくら・るーつ あの日の続き >>