浅野暢晴に関するブログです。
by mongoru901
Asano Nobuharu
以前の記事
2018年 07月
2016年 03月
2015年 10月
2015年 08月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2001年 01月
カテゴリ
全体
日々
その他
works

exhibition
未分類
フォロー中のブログ
atelier ROOT...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


第9回 日本現代陶彫展
2004.11.28-12.12
第9回日本現代陶彫展
銀賞

セラテクノ土岐
土岐

祝祭[ひょう]

h190 x w100 x d335 (cm)
2005
c0209910_22171116.jpg

c0209910_22172571.jpg

e0176734_1453676.jpg

e0176734_14501460.jpg



ひょう、は犬三つで、ひょう、なんですが、なかなか漢字が出ず、ひらがなになっちゃいます。
この展覧会は、マケット審査で選ばれた作家が、現地の窯場や、試験場などに滞在し、巨大陶彫を作るという展覧会なのですが、大学を出たばかりのヒヨッコの自分には本当に過酷な制作でした。
2次審査が通りました、という電話を受けた直後、「やったー!」と喜んだ10秒後に「本当にあんなプランが半年で実現出来るんだろうか?」というプレッシャーに押しつぶされそうになりました。
コンペを通す為に「3m50cmの作品を作ります」と強がったものの、そんなものを作った事も、どうやって作っていいかも皆目検討が付かない状態だったのですから。
とにかく、ハプニング続きで制作は進み、「この作品を作り終えたら、彫刻を辞めよう。しかし、この作品だけは責任もって作り上げよう。でも、作り終わったら彫刻を辞めよう。」と本気で考えながら、制作していました。

そして、設置の日、どうにかこうにか作り上げられた作品を見た時に、ここまでやってきた事全てが報われた気がしました。
死ぬ思いで作ってきて良かったなぁ,と。諦めないでよかったなぁ、と。

あの日の報われた経験が、いまだに自分の血肉になっているな、と思います。
そして、賞というオマケまで付いてきたので、ラッキーだったなぁと。

作品は、いまだに壊れずに岐阜に立っている様です。
久しぶりに見に行きたいなぁ。
[PR]
by mongoru901 | 2012-08-16 01:15 | exhibition
<< 第3回ユーモア陶彫展 歩く座標 >>