浅野暢晴に関するブログです。
by mongoru901
Asano Nobuharu
以前の記事
2016年 03月
2015年 10月
2015年 08月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2001年 01月
カテゴリ
全体
日々
その他
works

exhibition
未分類
フォロー中のブログ
atelier ROOT...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


無何有の祭りー面の為の人の為の面ー
「交感する身体」に続いて、もう一つのメインの展示である「面の為の人の為の面」についてです。
e0176734_1911760.jpg

この作品は總社宮の神楽殿に吊るして展示しました。
もともとこの作品は、日立のspace369で展示をした作品が始まり。
MASK展
その時は、面だけでの展示だったのですが、面に体を付けてあげたいと思い、春日会に出品した作品では今の形になりました。
春日会2013
その時も「作品本体は良いけど、あの枠は、、、」って意見を多数頂いていたし、自分でも不完全だなと感じていたので、今回の様な形は理想に近い展示が実現出来たな、と思います。
e0176734_2047152.jpg

中央の大面も最初は金糸も付けずに展示をしていたのですが、金糸を付け、体をつけてとして行くうちに完全体に近づいていったな、と思います。
何度も同じ作品を展示するにしても、その度ごとに展示のやり方を変えた成果がでたなと思います。
e0176734_2052996.jpg

e0176734_20502595.jpg

左右の面は、作品に初めて金糸を使った作品なので、自分にとっては完全に転機となった作品です。
これらも最初は面だけだったですが、春日会の展示に合わせて体を作りました。
なので彼は「面の為の人」なので、その彼の為の面なので「面の為の人の為の面」なのです。
e0176734_205338100.jpg

この作品は裏から見ても面白かったです。
これは想定外だったけど、展示をして見えてくるものもあるな、と思います。
影とかも良い感じだったし。
e0176734_20575862.jpg

作品は風にゆらゆらと揺られているんだけど、夕方になると作品に西日が当たって、金糸がキラキラと光って綺麗でした。
e0176734_20581638.jpg

野外での展示は外界の影響を大きく受けるから、環境の変化で作品の見え方がガラリと変わるのが面白かったです。
e0176734_211194.jpg

ここにも何度も掲載してるけど、やっぱりこの写真が一番好き。
e0176734_2113036.jpg

今回の展示を象徴するような写真だと思う。

展示を見に来てくれる方は大きく「面の為の人の為の面」と「交感する身体」のどっちかが良いと言う人に分かれる気がします。
昔から作品を見てくれている方は「交感する身体」、最近作品を見てくれた方は「面の為の、、」の方を良いと言ってくれる気が。
かなり大雑把な分け方だけど、そんな気がします。
e0176734_2171180.jpg

自分の作品に変化を望まない方もいるのかもしれないけど、変わって行かざる負えないな、と思います。
[PR]
by mongoru901 | 2014-04-19 21:11
<< 無何有の祭りーcircleー 無何有の祭りー交感する身体ー >>