浅野暢晴に関するブログです。
by mongoru901
Asano Nobuharu
以前の記事
2018年 07月
2016年 03月
2015年 10月
2015年 08月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2001年 01月
カテゴリ
全体
日々
その他
works

exhibition
未分類
フォロー中のブログ
atelier ROOT...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


無何有の祭りー蠢くー
この展示作品紹介ブログもあと2点を残すのみです。
前回紹介した「3という可能性について」を展示した本殿へ繋がる渡り廊下から見える作品が「蠢く」です。
e0176734_2051994.jpg

展示に備えて、何回か總社宮に足を運んでいて、一番グッと来た場所が、実はこの場所なのです。
美しく整備された總社宮の中で、この場所だけが原始的な雰囲気を残しており、本殿の裏を回らないと辿り着けない不便さもとても良いと思ったのです。
e0176734_20504961.jpg

この作品は、今回の展示の中で一番古い作品で、メタルアートミュージアムの個展「祝祭」で展示をした作品で、その後も展示がある度に何かにつけて展示をしてきました。
石田君にもその度に撮影をお願いして来たので、「これが一番思い入れがあるね」と言っていました。
僕も同じくです。
e0176734_20512499.jpg

ご神木の一つと作品を一緒に展示したいとは思っていたのですが、なかなか難しいかな?とも思っていたのですが、總社宮の方々の寛容さが、この展示を実現してくれました。
一緒に展示した後輩に、こんなことすると罰当たるよ、と言われましたが。
e0176734_20573985.jpg

参道の方からも、渡り廊下の下から「蠢く」が見えます。
e0176734_2058582.jpg

こんな見え方も今回の展示も面白さ、だなと思います。
e0176734_2104585.jpg

作ったのはたった5年前だけど、もうこんな荒削りな作品作れないな、と思います。
今作ると、もう少し繊細な作品になっちゃいそう。
だからこそ、いまだに展示があると引っ張り出しちゃうんだろうな、と思うのです。
[PR]
by mongoru901 | 2014-04-27 21:06 | exhibition
<< 無何有の祭りー放射する身体ー 無何有の祭りー3という可能性に... >>