人気ブログランキング |

浅野暢晴に関するブログです。
by mongoru901


数字の話 展示の話
唐突だが、数字の話を。
時々数字について考えます。
といっても、難しい数学について、ではなく、独断と偏見による数字の印象について。

1は少し孤独な感じだが、屹立してる感じでカッコイイ。他の数字と群れなそうだし。かといってどの数字とも交われるし。

2は、対峙してる感じとか拮抗してる感じがカッコイイ。向かい合って凛としてるし。でも、意外とバランスが悪い。ちょっとしたことで均衡が崩れると脆い。

3は、2と比べると、とにかくバランスがいい。3脚とか見れば分かるけど、とにかくどんな場所でもバランスが取れるし。

4は基本な感じがする。ベーシック。バランスが良いようだけど、一つがバランスを乱すとガタガタしだす。でも、倒れはしない。

5は経由していくような感じがする。10との関係が強いせいか、中間的なイメージが強いな。

6は、すこし曖昧な立ち位置に甘んじてる気がする。2とも3とも関係があって、どっちにもいい顔してる印象がある。

7は1とは違った意味で孤立してる。1から10で考えると、2派閥と3派閥と5派閥に分かれるんだけどどれにも入れてない。でも、その孤立してる感じを楽しんでる気がする。素数だし。

8は、2派閥の長老的な感じ。2にも4にも睨みを利かせてるし。ナベツネっぽい。

9は、3を裏から操ってる感じのフィクサー的なイメージ。3×3でも9だし、3➕3➕3でも9だし、もう3の世界にどっぷり浸かってる感じ。そういう意味では、3➕3だと6だし、3×2で6な、6はやはりどちらの派閥にも顔を出す便利屋だな。

10は、10進法となった時点で法律家的な存在だな、と思う。部下の5を引き連れて2と3の派閥闘争に割って入って仕切ってる気がする。


そしてまた唐突に展示の話。
今回展示に際して気にした数字は「2」です。
だから、「阿吽の呼吸」
阿形と吽形。呼気と吸気。こちら側とあちら側。白と黒。生きていることと死んでいること。

でも、「2」を考えていくと、気がつくと「3」を考えている。
つまり、その拮抗する二つの間に立つ存在。
阿吽の呼吸の間。

そんな存在達が、ちどり周辺を11月12日からウロウロし始めます。
お時間のある方は是非ひたちなかまで足を運んでみてください。

e0176734_1171186.png

浅野暢晴個展
阿吽の呼吸
ぎゃらりーマドベ
※ぎゃらりーマドベは、ちどりさんの経営する花ちどりの中にあるギャラリーです。ちどりから歩いて100歩の距離にあります。
2014年11月12日(水)〜24日(月)
月火休廊(24日(月)は祝日のため開廊します)
11:00〜17:00

ちどりさんは、とうふ、おから、とうにゅうをメインとした料理を出してくれるお食事処です。展示にお越しの際は是非ちどりでのお食事をお楽しみください。

ちどり
茨城県ひたちなか市東石川2897−1
029−273−1178
ちどりHP
e0176734_1171686.png

by mongoru901 | 2014-11-05 01:19 | exhibition
<< 展示について語る事 今更ですが、mask展の様子を >>