人気ブログランキング |

浅野暢晴に関するブログです。
by mongoru901


阿吽の呼吸展の様子
11月24日にぎゃらりーマドベでの「阿吽の呼吸」展が無事終了しました。
足を運んでくださった皆さん、本当にありがとうございました。
いつも僕の展示に足を運んでくれる皆さんに加え、ちどりさんにいらっしゃる方々が足を運んでくれたことで、今までにない出会いが沢山あったな、と思います。
この場を借りまして、ぎゃらりーマドベ、花ちどり、ちどりの皆さんに御礼申し上げます。

今回はメインの展示の様子をアップしたいと思います。
阿吽の呼吸展の様子_e0176734_23353591.jpg

今回のメインはこの展示です。
横浜、銀座、日立、文京、総社宮と、様々な場所を渡り歩いて来た大面を中心に吊るし、大面と壁を金糸で結んで結界を作りました。
この結界の中には会期が始まってから会期終了直前までは誰も入ることはありませんでした。
結界はお互いを二匹の狛犬が守っています。
阿吽の呼吸展の様子_e0176734_23434559.jpg

大面には「降りてくる身体」が対峙しています。
阿吽の呼吸展の様子_e0176734_23455192.jpg

この二人の対話が今回の展示において非常に重要だったと思います。
会場にいて、気がつくと僕は「降りてくる身体」の中から大面を見ていることが何度かありました。
阿吽の呼吸展の様子_e0176734_23464667.jpg

大面の口から結界の中をのぞくと、もう一つの「降りてくる身体」が現われます。
阿吽の呼吸展の様子_e0176734_2347444.jpg

この二つの「降りてくる身体」は大面を通して、対話を行っています。
阿吽の呼吸展の様子_e0176734_2350487.jpg

また、これらの対話を「始まりの男」が見守っていますが、彼はこの対話に干渉しようとはしません。
阿吽の呼吸展の様子_e0176734_23524266.jpg

「花男」も少し心配そうに見つめていますが、彼も結界の中には入ることができません。
阿吽の呼吸展の様子_e0176734_23543532.jpg

そして、展示最終日に結界が破られました。
大面の最後の姿。
阿吽の呼吸展の様子_e0176734_23594025.jpg


実は展覧会1週間前まで展示のプランは白紙でした。
手持ちの役者は揃っている、劇場も決まっている、ポスターも印刷した、でも、台本は上がっていない。
そんな状態だったと思いますが、「阿吽の呼吸」前の展示を見た瞬間に、今回のおおまかな展示の風景がパッと見えたのです。
自分でもこんなことがあるんだな、と少し驚きました。
阿吽の呼吸展の様子_e0176734_041167.jpg

身体を天井から作品を吊るす、というプランは総社宮の時にもあったのですが、時間的に間に合わず断念したし、結界を張ることも総社宮でやりきれなかったプランなので、頭の片隅に残っていたのですが、
阿吽の呼吸展の様子_e0176734_035746.jpg

吊るすだけではなく、降ってくるイメージが合わさったのは、マドベでの一日でした。
阿吽の呼吸展の様子_e0176734_092297.jpg

あの日マドベに行かなかったら、全く違った展示になったと思います。
そう思うとちょっとゾッとするのです。
阿吽の呼吸展の様子_e0176734_010374.jpg

次回は、「降ってくる身体」をソッと見守る「トリックスター」側の展示について書きたいと思います。
by mongoru901 | 2014-11-27 00:18 | exhibition
<< トリックスターが作り出してくれた空間 うまくいくか分からないが一つの... >>