人気ブログランキング |

浅野暢晴に関するブログです。
by mongoru901


<   2010年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧
時計
ウチのアトリエの一階には時計がない。
二階にはあるが、一階にはない。
最近まで意外とその事は気にならず、まぁ、携帯で確認すればいいや、と思っていたわけで。

しかし、最近石膏をつかっているため、その手でiPhoneをいじると大変なことになってしまう。
しかも、ひたすら作業していると気がついたら午前二時!って事がつづいたりして。

という事で、先月の会議で一階に時計を置こうと提案したものの、A川さんに大反対された。

理由は以下の通り。
「私は、時計があると、つい気にして時計ばかりチラチラ見てしまうんです。あと、道路を車を走らせている時に、標識も気になっちゃうんです。一度、あまりに気になって、高速を走っていて一瞬見えた標識が気になっちゃって、振り返ってしまって事故りそうになってしまって。その時は、隣に座った友人に全ての標識を読み上げてもらったんです。そんな風なので、時計に慣れる為にも紙に書いた時計を作業場に貼るところから始めてもよろしいでしょうか。」

とりあえず、携帯で我慢することとします。
by mongoru901 | 2010-10-11 21:28 | 日々
並べてみたら
e0176734_16512829.jpg

e0176734_1651281.jpg

型をいじりまくって、込めまくって、作品を出しまくった結果、こんな事になってしまった。

でも、まだまだ取るよ。
型がなくなるまでは。

しかし、意外となくならないのだよ、これが。
by mongoru901 | 2010-10-10 16:51 | 日々
生が満ちると死に至る
e0176734_9313479.jpg

e0176734_9313451.jpg

型が相当大きくなってきて、それに伴って、作品が小さくなっていく。
型が増えていくことは、その型の軌跡がそこに刻まれているって事で。
型の命が少しずつ満ちていっている様に思う。
しかし、それとは逆に、そこから出て来る作品は小さくなっていく。
不思議だが、少し納得もする。
完全に型の命が満ちた時、もう作品が生み出せなくなるわけで、そこで死に至るんだろうな、と。

相川さんが、新しく出て来た作品を見て「命の形みたいですね。」と言っていて、そうなのかもしれないと思った。
by mongoru901 | 2010-10-08 09:31 | 日々
朝から作業
e0176734_741673.jpg

e0176734_741626.jpg

久々に朝から作業。

少し岐阜を思い出したりしつつ。
by mongoru901 | 2010-10-06 07:41 | 日々
日が暮れるのが早くなる
e0176734_21351274.jpg

e0176734_21351245.jpg

今日もアトリエで作業した。
日が暮れるのが早く、二階に上がると生江ちゃんが暗い中、作業してる。
受験生みたいだなぁ、と思う。

外も薄暗くて、作品を外に置いて見ると、また違った姿を見せたりする。

明日は朝早くアトリエに行って作業する。
起きられればの話だが。
by mongoru901 | 2010-10-05 21:35 | 日々
ゴーヤーダンス
e0176734_13131683.jpg

e0176734_13131649.jpg

昨日は、昨日一昨日とアトリエは賑やかで、作業もし、お茶も飲み、とても充実してた。
生江ちゃんにゴーヤをあげたら、ゴーヤーダンスを披露してくれた。
他にもここでは絶対に書けない様な面白話を死ぬほどして、腹がよじれるほど笑った。

それにしても、生江ちゃんのゴーヤーダンスは素晴らしい。
写真を撮ろうとしたが、あまりのスピードとキレに、iPhoneのカメラでは追いきれなかった。

でも、あのダンスのキレも、生江ちゃんが制作を再開して、そこで満ち始めているからじゃないかな、とおもう。

なるべく笑顔で過ごせる事。
それが重要だな、と思う今日この頃なのです。
by mongoru901 | 2010-10-04 13:13 | 日々
後輩の展示を見に行く
e0176734_13275158.jpg

e0176734_13275124.jpg

今日が最終日という事で後輩の展示を見に行く。
去年アトリエで一緒だった深谷君の作品も久々に見れたので嬉しかったし、本人にも会えたし。

自分は社会に放りだされてからも、どうにかこうにか制作を続けているが、力のある後輩が社会に出て行くと制作を止めてしまったりしてしまう事も多く、こうして作品に出会える事は嬉しい。

などと、思いつつ、深谷君と真剣に話していると、ゾロゾロと前の職場の方が会場に現れて大いに動揺した。
いや、皆さんにお会い出来て本当に嬉しかったです。えへへ。

と思っていたら、金工の松田先生も現れたり。
松田先生の目はとても優しい光が漂ってたなぁ。
なんか一気に人に会って、一気に充実してしまった。

でも、これから制作に行きますよ。
by mongoru901 | 2010-10-03 13:27 | 日々
頭の中の自分とか知り合いとか
アトリエで作業しながら、ふと、暫く会ってない知り合いの頭の中には、最後に会った時の自分がそのままの状態で保存されているんじゃないか、と思った。
そこから色々と自分が変化していたとしても、会っていなければ、その間の変化なんて、その人の中では更新されていないわけで。

そして、その人の頭の中では、昔のままの自分が、自分が言ったわけでもない良い事も悪い事も勝手に話したりしていて、勝手に喜ばれたりムカつかれたりしてんだろうなぁ、と。

逆もまた然りで、自分の頭の中にも、あんまり更新されていない色々な知り合いがいて、その知り合いが言ってもいない事を、勝手に言ったりしていて、勝手に喜んだりムカついたりしているのである。

だから、結局、本当にその人が何考えてるか知りたけりゃ、会ったり、連絡を取ったりするしかないんだろうな。

んで、会ってみたら、頭の中の知り合いとは、全く違う事を話し出すんだろう。
そんなもんな気がする。
by mongoru901 | 2010-10-03 00:25 | 日々