浅野暢晴に関するブログです。
by mongoru901
Asano Nobuharu
以前の記事
2018年 07月
2016年 03月
2015年 10月
2015年 08月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2001年 01月
カテゴリ
全体
日々
その他
works

exhibition
未分類
フォロー中のブログ
atelier ROOT...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧
窯が来た
今日アトリエに荷物が、、、
e0176734_23235777.jpg

で、でかい。

中は、
e0176734_23245872.jpg

窯、どーん!

初めて窯を買いました。
え、陶を使ってんのに窯持ってなかったのかよ、と驚かれるかもしれませんが、自分でレンガを積んだり、人様の窯を借りたりして、どうにかこうにか焼き続けてきたのです。
これでそんな間借り生活ともお別れです。

しかし、なんで今さら窯を買う気になったかといえば、今年観た土偶展が大きいのです。
あの展示を見て、陶でやっていく覚悟が決まったんです。

その後、色々あって、本当に色々あって、ここでは絶対に書けないような事があって、窯購入に辿り着きました。
人生って本当に真っ直ぐに進んでない、思いがけない所に曲がり角や、下り坂があるんだな、と。
そして、それを結果的に上り坂に変えていくのは自分なんだ、と。

と、よく分からない話は置いておいて、今から窯焚きが楽しみです。


そして、明日はとうとう、柏最終日、搬出です。

本当に、あっという間だ。
[PR]
by mongoru901 | 2010-11-27 23:35 | 日々
IKEA
昨日は、姉の引越しの手伝いの為、
千葉に行った。
柏の展示といい、メタルアートといい、若干千葉には関わりがあるなぁ、と思いつつ、まぁ、そこまででもないか、とも思いつつ。

姉が家具を買うと言う事で、初めてIKEAに行った。
僕が勝手にイメージしてたIKEAって、あのドーンって天井までモノが積まれた倉庫みたいな売り場なんだけど、あれって最後だけなんですね。全部ドーンなのかと思ってた。
でも、本当によく出来てるなぁ、IKEA。
別に付き添いで行っただけなのに、何か買わないと損した気持ちになる。
僕もつい照明を買ってしまいました。(正確には買ってもらってしまいました。)

んで、姉宅で家具の組み立て。
自分の専門分野だ!とばかりに色々工具を持って行きましたが、あまり使用せず。
本当に簡単に作れるんですね、椅子も机も。
自分で体験してみて、あらためてスゲーと思いました。

しかし、誰にでも作れる=なるべく簡単な作りにしないといけない、という事で、要所要所で、大丈夫か?これ?って箇所もありましたが。
まぁ、ユニクロしかり、IKEAしかりで、あまりにも粗雑だと問題だけど、最低これ位までシッカリしてくれていれば良い、という見極め、みたいなもんが上手だなぁ、と。
どこかに特化してくのではなく、価格も、素材も、デザインも、耐久性もまんべんなくソコソコにしていく工夫、というか。

別に、そういうの良くない!って言うつもりもなく、自分のやっている彫刻とは真逆だなぁ、と。
自分が「陶」を選びとった理由の一つに、地中に埋まってたりしたら何億年もそのままで残る、みたいなもんがあるんだけど、全く価値観が逆を向いている。

かと言って、ユニクロでガンガン服買いますけどね。
自分で家具作ったりするけど、IKEAで買う方が材料費だけで断然安いですしねぇ。
自分で作る方が頑丈ですが(その分馬鹿みたいに重い)

そういう世の中で、彫刻を作ってくって事がどんな意味があるのか、ないのか、真剣に考えていかないと、って思います。
まぁ、あると思うからやってるんだけどね。

e0176734_1204248.jpg

[PR]
by mongoru901 | 2010-11-24 11:31 | 日々
撮影
昨日は、いつも撮影をお願いしている石田君に柏の作品を撮影してもらいました。
e0176734_2324360.jpg

今回の作品はあくまで有馬さんの展示空間での展示なので、ガッチリ撮るというよりも状況を撮って下さい、と。
特に新作のほうは、どちらも完結した作品でなく、まだ途中の作品なので。
今回発表して、自分の展示空間でシッカリ展示してあげようと、あらためて思いました。
恐らく、来年きちんとした形で発表できると思います。
e0176734_23105568.jpg

*寝そべって遊んでいるわけではなく、低い位置から撮影してもらっています。

撮影が終わったら、川村記念美術館で展覧会を見ようと車を走らせたのですが、間に合わず。
結局、海へ。
e0176734_23132054.jpg

石田君とは、なぜか海に来ることが多い。
昨日の海は、夕方から夜に変わる直前で絶妙な時間帯で、かなり良かった。

写真が出来上がるのが本当に楽しみだ。

そして、あと1週間で柏も終了です。

あっという間。
[PR]
by mongoru901 | 2010-11-22 23:18 | 日々
アトリエ会議
今日はアトリエ会議で、久々にアトリエメンバー全員と顔を合わせました。
会議といっても、まぁ、月に一度位メンバー全員顔を合わせましょう、という位のもので、特に会議らしい会議もしないのが常なのですが、時々重要な案件が持ち上がる事もあり、ここ一年位は続けていて。
今日は、その重要な報告のある会議になりました。
まぁ、結果的に。

アトリエを立ち上げた当初は、卒業したての自分が中心になっていたので、かなり余裕のない感じでヨタヨタと運営していたのですが、今日のアトリエ会議の雰囲気を思い返してみても、大人のアトリエになって来たもんだなぁ、と思います。

そして、メンバーも年を重ねるうちに大人としての決断を迫られていくんだなぁ、と思います。
それは、少し寂しい気もするし、でも、年を重ねていく、という事はこういう事だな、と。
喜ぶべき事であるのだ、と。


明日は、柏の撮影を石田君に頼んでいて、あれらの作品を石田君に撮って貰える事が本当に嬉しい。
それだけでも柏に作品を置かせてもらえて良かったな、と。
[PR]
by mongoru901 | 2010-11-21 01:15 | 日々
場所と愛情と憎しみ
自分の中でずっと疑問だったのは、大学に入った頃から過ごしている「水戸」って言う場所に、こんなにも愛情が持てないのか、ということで。

別に嫌いではない。
でも、「水戸は好きですか?」と聞かれたら、「好き」とは言えないだろう。
「水戸は良い所ですか?」と聞かれたら、「良い」とは即答できないだろう。

いや、良い所もあるとは思います。

でも、その即答できない感じは何なんだろうなぁ~と思っていたのだけれど、この間、石岡に帰った時に「自分は石岡という場所に囚われ続けて来たんだな」とハッキリと思った。

ハッキリ言えば、僕は石岡が嫌いなのだ。
でも、それと同じくらい石岡が好きなんだろう。

僕は、水戸が良くなっても悪くなっても、嬉しくも悲しくもない。
しかし、石岡が悪くなっていく事は悲しいんだと思う。
だからといって、石岡を盛り上げたい!とか、石岡を良くしたい!とか微塵も思わないのだけれど。

ただ、その土地に囚われているんだ、とハッキリ思った。

だから、そこで何かをすることが、今の自分にとってはとても重要だ、と思ったのだ。

水戸ではなく、石岡で。
[PR]
by mongoru901 | 2010-11-16 01:25 | 日々
15年分が流れ込んでくる
昨日は自分の実家のある石岡で、15年振りに友人達に会った。
ぷらざに載った自分の記事を見て、友人が声をかけてくれたのだ。

僕は、筑波の高校へ進学してから、石岡にはあまり関わらないで来た。
中学までの自分が嫌いだったし、中学校での生活もあまり好きではなかったからだ。

だから、成人式も出なかったし、同窓会も出なかった。
中学校の時の友人達とも連絡を取らなかった。


魚民に入って、皆と顔を合わせて、喋って、空白だった15年が自分の体の中に流入してくる感じは本当に凄かった。

友人の一人は漫画家になっていて、単行本を渡してくれた。
アフタヌーンで四季大賞を取った本だ。
e0176734_20555183.jpg

作品の主人公の名前が「浅野伸晴」だった。


他の皆も、俳優をしている奴、鍼灸師の勉強をしている奴、ちょっとここでは言えない事をしていた奴と様々で、彫刻作っているような人間が出てくるのもしょうがないな、と思った。


誘ってくれた友人は、石岡で一番大きな神社の神主で、水戸まで車で送る中で色々と面白い話を聞けた。
常陸國總社宮
面白い事に繋がる、この事は。

e0176734_20525044.jpg

と、良さげに書いたものの、基本的には中学校の時みたいにアホみたいな話ばっかりだったけどね。

あぁ、楽しかった。
[PR]
by mongoru901 | 2010-11-14 20:59 | 日々
区切り
柏の有馬さんの展示に作品を置かせてもらったら、別にそこで区切るつもりでもなかった制作が自然と一区切りがついてしまった。
まぁ、僕の中だけの話なので、別に続きをやれば良いだけの話なんだろうけど、どうにも続きをやる気が起きて来ないので、前の制作を進める中で気になり始めていた事の少し規模の小さい方に取り掛かることにした。
それが終わったら、少し大きめの制作に進むかもしれないし、また前の制作に戻るかもしれない。

と、いうわけで、保留していた作業場の片付けを行い、デッサンをする。
少し頭に空間を作って、広く辺りを見渡す。

頭の中の空間。

最近は、小沢健二のeclecticをよく聞く。
頭を空間を作るには一番のCDな気がする。
[PR]
by mongoru901 | 2010-11-11 23:15 | 日々
お知らせ二つ
お知らせが二つあります。

【一つ目】

今日は、柏へ作品を搬入しました。
作品を持っていった場所は「island」というギャラリーです。
ここで行われている「わくわくJOBAN-KASHIWAプロジェクト2010」という展覧会に、キワマリ荘やまちの駅みとでお世話になった有馬かおるさんが出品しているのですが、その有馬さんの展示スペースに作品を置かせてもらっています。
人の展示スペースに作品を?って感じかも知れませんが、有馬さんの構想はブログに詳しく書いてあります。

有馬かおる 「わくわくJOBAN-KASHIWAプロジェクト2010」

 今回の展示構想:

グループ展inグループ展inグループ展」と、閉じて行くようで、
世界ー柏ーアイランドーグループー有馬ーグループーアイランドー柏ー世界」と、
一周する構造。(上記ブログより引用)


今回はあくまで有馬さんの展示で、その中に「ROOTS-06」というグループの一員として作品を置いてきた、という感じです。
グループ展というわけでもないし、、、こんな事初めてなので、どんな心持ちで望んだら良いのか分からず、搬入直前はちょっとした迷いも。
まぁ、持って行くしかない、という。
えいやっ、と。

とにかく、置いてきました。

(手前は、木村空海さんの作品)
e0176734_22313195.jpg

メタルアートに出した作品だけでなく、今年作った新しい作品も置いてきました。
e0176734_2211724.jpg


一ヶ月あの空間に作品を置くことで何か見えてくるんじゃないか、と思います。

わくわくJOBAN-KASHIWAプロジェクト2010

2010年11月3日(水)〜11月28日(日)
開場時間:12:00〜20:00
場所:island ※火水休

よろしくお願いします!

【二つ目】
生活情報誌「ぷらざ(県央版)」に取材して頂きました。
e0176734_2224894.jpg

ぷらざ、今月の特集は「芸術の秋、現代アートに触れる」だったので。
月刊ぷらざHP
しかも、ここのページでは、電子ブックで読めるみたいです。
すげえ!

ぷらざに取材されてから、色々な方に「ぷらざ見ましたよ!」って言われます。
ぷらざすげぇ。

近くでぷらざを見つけたら、見てやって下さい。

よろしくお願いします!
[PR]
by mongoru901 | 2010-11-03 22:28 | works