人気ブログランキング |

浅野暢晴に関するブログです。
by mongoru901


<   2011年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧
変化していく
週末は、アトリエも、制作も進んで、変化してく。
なかなか動かない事が、突然パタパタと動き出す瞬間は、どっかで何かがチョンとキッカケを与えているんだろう。

e0176734_0462077.jpg



e0176734_0462476.jpg

by mongoru901 | 2011-01-31 00:42 | 日々
積み重ねる事についてー葛迫君の展示
今日は、葛迫君の展示の手伝いをして来ました。
初個展という事もあり、いつも以上にテンパった状態の葛迫君でしたが、どうにかこうにか展示を終えました。

e0176734_0154219.jpg

(写真はライティングをする葛迫君とギャラリーオーナー)

展示は、、、いやぁ、予想以上に良いです。
とりあえず見に行って下さい、としか言えません。
先日のブログで変な事を書きましたが、論文やってた人間が片手間で出来る様な展示ではありません。

普段の葛迫君を知っている方なら誰しもが、その男らしく(まさに)骨太な造形に驚くのではないでしょうか。
そして、骨をモチーフとした造形が、葛迫君ですら意識していない造形に繋がっていく姿は、展示を手伝っている身としてもとてもエキサイティングな体験でした。
こんなに楽しみながら展示をしたのは初めてかもしれないです。

金曜日から始まる展覧会、水曜日までの6日間と期間は短いですが、二年間コツコツ(骨々骨々)積み重ねた造形が花開く瞬間を、とにかく見に行って欲しいなぁ、と思います。

少しだけ展示の様子をチラリ。
e0176734_0154545.jpg


e0176734_0154741.jpg


e0176734_0154925.jpg


展覧会詳細は、以下のDMでご確認を。

e0176734_0155072.jpg


e0176734_0155140.jpg


是非!オススメです!
by mongoru901 | 2011-01-26 23:52 | 日々
殺すことについて
今やっている、型を加工しながら作品を作っていくやり方の良いところは、型を加工する度に作品が出来てくるところで、良くないところは、どんどん作品が出来てしまうところだ。
近い形の作品が幾つもあるので、あまりに増え過ぎた作品を選別する事にした。
焼く前の乾燥した粘土であれば、水に浸ければ土に戻る。
使ってる黒泥って土も安い土ではないし。

というわけで、壊す作品を選び出したのだが、思いの外時間がかかってしまった。
似た様な形が幾つかあれば、こっちはこの感じが良いし、あっちには違う良さがあると思ってしまう。

何だか、誰を殺すのか決めている死神の様な気持ちになってきてしまった。
何の偶然か、この世に産み出された形であるのだから、全部焼いてやればよいではないか、という気持ちになってくる。

が、やはり選ぶ事にした。
殺すが、粘土に戻して、また新しい形を与えてやる方が、よりよく生かす事になる気もするし。

結構時間をかけて選別した。
e0176734_2216231.jpg

また新しい形を与えてやるから許してくれ、と少し祈る様な気持ちになりながら叩き割って水に浸した。
e0176734_221663.jpg

殺した、けど、生き返らす。
by mongoru901 | 2011-01-24 21:53 | 日々
葛迫君の話
葛迫君がアトリエに入ったのは二年前で、彼がアトリエに入る事になるとは夢にも思いませんでした。
なんでか?ですって。
なぜなら、彼は茨城大学の大学院を「論文」で卒業したからです。
ですから、彼が修了する時には、同級生の深谷君は熱心に声をかけたにも関わらず、葛迫君には声をかけませんでした。
しかし、アトリエの磯さんが彼を誘い、アトリエに入る事になりました。
アトリエに入ってからも、一体何をするんだろう、と思いながら多少訝しみつつ見守っていましたが、「彫刻で論文を書いたので、作る側の心理を知る為にもキチンと彫刻を作って、個展を一度やりたい。」と言っていたので、その理由を(やはり若干腑に落ちない部分もありましたが)信じてみる事にしました。

同時に入った深谷君が仕事の都合でなかなかアトリエに来られないなか、葛迫君はよくアトリエに来て、木を彫っていました。
特別気のきいた事は言えませんが、いや、逆に話しているうちに、なぜか過去のトラウマをツラツラと語ったりして、帰り際に「今日は、カウンセリングありがとうございました。」などと、よく分からない事を言い残していったりもしました。
夏、仕事に若干の余裕が出る時期になると、よりアトリエに顔を出すかと思いきや、アトリエには来ません。しかし、仕事が忙しく、ストレスが溜まる時期にはアトリエに現れます。
そして、ガンガンと木を削ります。
木選びも独特で、少し木彫をやるとすぐに、やれあの木がいいだの、この木はダメだの始まるのですが、葛迫君は近くのホームセンターで、しかも安くなっている建材を躊躇なく買って来て、彫ってしまいます。
墨でチョコチョコと下書きをしたかと思えば、あっという間に彫っていきます。やはり躊躇なく。

やる、と言っていた個展の動きはあまりなく「そのうちに」「もう少ししたら」「きっと来月には」と言いながら、なかなか動きません。
やっと重い腰を上げたと思ったら、やろうと(勝手に予定)していたギャラリーが閉廊する、という不運にも見舞われました。
そして、「1月に展覧会をやると、年賀状としてDMが出せるから良いよ」という僕の口車に乗り、違うギャラリーを一月に予約。しかし、DMは年賀状としては使用せず。

個展が近づくにつれ、精神が不安定になり、自分から「個展前は面倒くさい人間になるので、気を付けて下さい。」と、自分からは気を付ける気は一切ありませんという強い意思表示を示し、宣言通りの面倒くささを順調に発揮しながら、個展搬入三日前を迎えています。

水曜日には、搬入。僕も立会いますが、葛迫君の為にもあえて助言は行わず、作品を置くたびに、「あ!そこに置くんだ、、、ふーん」「あ!やっぱりそっちに変える、、、ふーん」と、精神的な揺さぶりを与えたいと思います。あくまで、葛迫君の成長の為に。

展覧会、詳しくはアトリエのブログをご覧下さい。

http://roots06.exblog.jp/12703534/

人としては、かなりどうかと思う部分もありますが、作る木彫はかなり独特の味わいがあり、ぶっちゃけ、良いです。
なんで、ここまで作っておいて仕上げないんだろう!あー、ヤキモキする!という作品もありますが、何だか妙な感覚です。

なんだかんだ、と言いながら、二年前に宣言した事を、しかも、シッカリと作品をコツコツと作り続けて結実させた、という事は、簡単な様で、簡単ではない、と思います。
本当に偉いなぁ、と。

もしこのブログを読んで少しでも興味を持った方は足を運んで頂けたら、と思います。

と、ハードル上げておいたからね♥迫ちゃん♥
by mongoru901 | 2011-01-23 20:47 | 日々
昔通った道を歩く
最近は面の作品を作りつつ、昔の型をいじっている。
一年以上前に作っていた作品

e0176734_22291043.jpg

この時は石膏で作品を作ったんだけど、型はそのまま残っていて、今度は粘土を込めて作品にしてみようと思ったのだ。
一度作り終わったと思った作品に再び手を加え始めていると、その時作品を作りながら考えていたことが不意によみがえってくる。
それを最初に作った頃は、大きな個展を終えたばかりで、どっちに進んでいいんだか全く分からなくなっていた時期だったなぁ、とか。

その時は考え付かなかった型の変化のさせ方を昔の型に加えてみる。
e0176734_2314957.jpg

どんどん変化していく。
e0176734_23152469.jpg

by mongoru901 | 2011-01-22 23:15 | 日々
交差点での話を
この間は、人間交差点なんて代名詞を付けたが、交差点自体がすでに人間交差点である(なんのこっちゃ分からん)

先日、家を出た後、ストーブを消し忘れた様な気がした。
消した気もするが、確実ではない。
出てすぐなので、戻れなくもないが、戻れば確実に約束の時間に遅れる。
交差点にてしばし悩む。
ふと顔を上げると小学生とオジさん。
よし、信号が青になって、小学生が交差点を先に渡ったら戻る、オジさんが先に渡ったら戻らないことにしよう!と決めた。
信号、青。
渡り始めた途端に転ぶ小学生。
助けるオジさん。
何だか心がホッコリした。
家に戻ったら、部屋もホッコリしてた。

ある日の夕方、押しボタン式信号の交差点で赤信号に捕まった。
しかし、誰も渡らない。
すぐ先の信号が詰まっていて、待ってるとまた押しボタン式信号が赤になる。
しかし、誰も渡らない。
おかしーなーと思って、その押しボタン式信号を過ぎた後にバックミラーで確認すると、シュー!って小学生が走って来て押しボタンを押して逃げてった。
面白いので近くのコンビニに入って立ち読みしながら観察してると、何度もシュー!を繰り返してた。

この様に、交差点では様々な人間模様が繰り広げられています。
そういえば、夏の終わりにランドセルをしょったオジさんが職務質問されてたのも、交差点だったっけなぁ。。。
by mongoru901 | 2011-01-19 12:31 | 日々
コンビニ人間交差点
ある朝、缶コーヒーを買いにコンビニに寄った。
車を停めた真ん前に男子高校生の二人組。
ミルクティー片手にイチャイチャしてる。
「教えろよー」「やだよー」「教えろってばー」「やだってばー」
何だか分からんが楽しげだなぁーと思いつつ、コンビニに入り、缶コーヒーを買って出て来ると、まだ「教えろよー」「やだよー」を繰り返している。
やれやれ何を教えて欲しいのやら、と思いつつ、ちょっと興味もわいて来たので、車の中で缶コーヒーを飲みつつ、少し聞き耳を立てる事に。

「教えろよー」「やだよー」「教えろよー」「やだよー」「教えろってー」「うちの親離婚したんだ」

突然涙を流す高校生。

質問していた高校生の気まずそうな顔たるや半端なく、聞き耳を立ててしまった僕の気まずさも半端なかったです。

あまりの気まずさにすぐさま発車したので、その後どうなったかは知りませんが、コンビニって現代の人間交差点よね、って思った2011の冬なのでした。
by mongoru901 | 2011-01-16 20:33 | 日々
2011年・新年会・初窯
2011年ももう半月になろうとしています、早いもので。
自分にとっての2010年は、とにかく制作の一年だったなぁ、と思います。
まぁ、毎年そうなんだけど。
キワマリ荘でやらせて頂いていたギャラリーを一段落させたのもあり、仕事が変わったこともあり、それまでの数年間ともまた違った心境で一年を過ごせたなぁ、と思います。
とても充実してたので、この勢いで2011年もモノが作れたらな、と思います。
この勢いで手を動かし続けたいな、と。

そして、そんな2011年の幕開けはアトリエの新年会と共に。
e0176734_22584688.jpg

今年も恒例の凧揚げ。今年は電線にひっかける馬鹿もなし。
e0176734_233969.jpg

磯さんの子供も上げてみる。ギャン泣き。
e0176734_2355281.jpg

料理は正月の残り物を、、、
e0176734_237296.jpg

チーズフォンデゥ(めっちゃ美味かった)
e0176734_23102619.jpg

新春特別企画その1「生江教代と振り返る2010年」
生江ちゃんのトークが本当に神がかってて最高でした。
まったくもって、この場では再現できないのが残念でなりませんが、生江ちゃんに直接会える人は直接聞いてください(笑)
e0176734_2316993.jpg

新春特別企画その2「大喜利」
2年前に大失敗した大喜利のリベンジ。
e0176734_23222449.jpg

今年はお年玉も出たので、良い感じで盛り上がりました。
ここでも生江ちゃんの奇跡の司会が!
しかし、最後に一番のお年玉をさらって行ったのは超新星葛迫であった。
e0176734_23273047.jpg

新春企画第3弾「ブリベリダンス」
わかさ生活のブルべり君?のダンスを相川さんと葛迫君が!
被り物は相川さんの手作り。しかし、本物のブルべり君はほとんど見ることなくイメージで作り上げる、というかなりぼんやりした状態の被り物。
ダンスに到っては前日に初めて見たというボンヤリ具合でしたが、始まってみれば前半はほぼ創作ダンス(笑)
しかし、なぜか来た人間全員の胸を打つダンスでした。
皆大絶賛。。。

そして、今年の新年会は和やかに幕を閉じたのでした。

新年明けて、アトリエで初窯!
e0176734_2340276.jpg

マイ窯の初仕事です。
e0176734_23423587.jpg

良い感じだ!頑張れ窯!
e0176734_2345228.jpg

小窯ですが、意外とシッカリ焼けました。別に僕は何もしてませんが、一人で感動。
e0176734_234814.jpg

早速アトリエに展示してみる。
e0176734_23483314.jpg

こっちにも。

という感じで2011年はかなり良い感じでスタートを切ることが出来ました。
良い一年にしたいなぁ。

今年もよろしくお願い致します!
e0176734_23525228.jpg

by mongoru901 | 2011-01-13 23:53 | 日々
浅野暢晴
略歴
Works 2009 2008-2007 2006 2005-2004  2003-2002  2001-2000
by mongoru901 | 2011-01-01 00:00