浅野暢晴に関するブログです。
by mongoru901
Asano Nobuharu
以前の記事
2018年 07月
2016年 03月
2015年 10月
2015年 08月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2001年 01月
カテゴリ
全体
日々
その他
works

exhibition
未分類
フォロー中のブログ
atelier ROOT...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧
失われたもの、失われなかったもの
福島にとても好きな彫刻家さんが居て、震災直後からその方の安否が気になっていた。
本人には、一度しかお会いしたことがないのだけれど、作品には何度も会っていて、その度に、強く心を揺さぶられたものである。
その後、作家さんはご無事である事を聞き、安心していた。

しかし、最近、その作家さんの詳しい被災状況を聞き、衝撃を受けた。
(きっとあの作家さんだな、と思う方もいるかもしれないですが、情報が又聞きなので、その作家さんの実名は出さない事にします。)

実は、作家さん自身とご家族は被災を免れたのだが、アトリエが被害にあい、その後火事にもなったらしく、多くの作品が失われてしまったらしい。
一つひとつの作品を、丁寧に魂を込めて作られる彫刻家さんなので、その作品が失われてしまった事は、どんなに辛い事だったろう、と。
そして、自分も、心を揺さぶられたあの彫刻達に会えないのか、と思うと、、、本当に辛く悲しい気持ちになる。

実は、震災の少し前にその方の作品を購入する機会があり、家に飾っていて。
その事で、その彫刻は失われずに済んだのだ、と思うと、本当に買っておいて良かったなぁ、と。
しかし、あの彫刻も、あのクロッキーも失われてしまったのかもしれない、と思うと、それらも無理をしてでも買っておけば良かった、と思う。
まぁ、他の方が購入して、被災を免れてくれていたら、と願うしかない。

しかし、それでもなお、その彫刻家さんが、生きていてくれる、という事が、重要なのだ、と思う。
生きているという事は、新しい作品が生み出される可能性があるから。
そして、新しく生み出される作品の中に、失われた作品の命が入り込んでいるのだから。

今は、奈良の方に移られたそうなのだが、きっとそこでまた新しい作品を作ってくれているのだろう、と思う。
というか、そう願っている。
そして、また作品に出会える事を。

あの地震は、僕たちから本当に多くのものを奪ってらいったのだ。
そして、今も奪い続けている。

失われたものがあり、しかし、失われなかったものもあるのだ、と、居間に飾ってある作品を見ながら、思った。
[PR]
by mongoru901 | 2011-08-17 00:36 | 日々
楽園荘
アトリエ二階の窓を開けると、正面にあるのが、

e0176734_2156166.jpg

「旅館 楽園荘」である。

楽園とは何とも甘美な名前だなぁ、と思いつつ、作業の合間に川風を浴びながら楽園荘を眺める。

今日はやっとこ四つ目の型込めに入れた。
朝の七時から型の最終仕上げをして、昼から型込め。
息子の風呂入れに間に合わす為、夕方までにはどうにか完了した。
しかし、どうして自分が型込めをする日は、猛暑日ばかりなのか。
晴れ男なのも、考えものだわ。
そして、
e0176734_21562023.jpg

頭だけ出た。

楽園荘、ロックフェスやら黄門祭りやらで大混みだった金曜日に、どこのホテルも満室で、アトリエの泥酔女子が最後の望み、とばかりに楽園荘に電話したら、「もう旅館業はやってません。」とのことだったらしい。

もう楽園はなくなってしまったのか、と今日も楽園荘を眺めると、看板の電気が付いている。
しかし、

e0176734_21562199.jpg

「園」の明かりがついてなくて、楽園荘じゃなくて、楽荘になってる、、、

まぁ、なんだか楽そうだし、これもありか、、、なんて思いつつ、息子の風呂入れに向かったのであった。
[PR]
by mongoru901 | 2011-08-09 06:37 | 日々
ここ最近のこと
さて、暫らく更新を滞ってしまって、久方ぶりの更新。
はて、いつから更新してないのか?と思ったら、もう一ヶ月も更新してなかったのか、とビックリした。
それ位、七月はあっという間に過ぎ去ってしまった。

七月の終わりに、暫らく実家に戻っていた嫁と新太がアパートに戻って来て、一人暮らしから三人暮らしに変化した。
少し大変ではあるけれど、誰もいない家に帰るより、誰かがいる家に帰る方がいいな、と。
e0176734_2230456.jpg

なかなかアトリエに行く時間も作りにくくなりながらも、なるべく行く様にしていて。
e0176734_2230642.jpg

とにかくひたすらに型を加工しているので、ひたすらに型が充実していく。
e0176734_2230736.jpg

土を込めるのは、一瞬で、日々地味に型に石膏を流したり、切り出しでバリを取ったり、型を削ったり。
e0176734_2230843.jpg

さっさと先に進んでしまいたい気持ちをグッと堪えて。
一つひとつ、丁寧に積み上げていく感じ。
e0176734_22301063.jpg

ひたすら我慢して、やっと出る。
e0176734_22301239.jpg

狙っていた通りに、予想を超えた形が出て来てくれている。
進むてしまいたい気持ちをグッと堪えて、一つひとつ。

明日も削る。
[PR]
by mongoru901 | 2011-08-07 22:04 | 日々